「遅咲きの歌姫」加治ひとみの年齢は?OL時代の葛藤とデビュー秘話、学生時代のエピソードも

2016年にエイベックスからデビューし、「遅咲きの歌姫」「奇跡のアラサー」としても話題になった加治ひとみさん。

インスタでも人気を誇っている彼女は、アーティストとしてだけではなく、モデル・タレントとしても活躍しています。

今回は、そんな加治ひとみさんの知られざるOL時代の葛藤やデビュー秘話、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

加治ひとみのデビュー秘話

幼少期はおとなしかった?

加治さんは小さい頃から友達が少なく、引っ込み思案だったといいます。学生時代も一人で図書館にこもったり、一人でテニスの壁打ちをしたりしていたそう。

その華やかな外見から「遊んでいる」と勘違いされることも多かったという加治さんですが、一人で何かをするのが好きだったタイプだったようですね。

芸能界に興味はあったの?

「幼い頃から憧れていたわけではない」

加治さんは、幼い頃からアーティストに憧れていたわけではないといいます。

学生時代は、街でサロンモデルに声をかけられたり、芸能事務所の人から名刺をもらったりしていたそうですが、断っていたようです。

明確な目標がないまま引き受けても、仕事を頑張れないのではないかと思ったという加治さん。「ただただ華やかな世界に行きたい」というわけではなかったといいます。

目標がなくモヤモヤした20代

20代になると、加治さんは自分に目標がないことに悩み始めます。当時OLをしていたという彼女は、「このまま年をとるのかと思ったら不安だ」と感じたそうです。

「自分には何もない」と悩み、当時付き合っていた彼に依存してしまったこともあるという加治さん。当時について、「人生の葛藤期だった」と語っています。

『TGA』のオーディションを見つける

加治ひとみさん公式インスタグラムより

そして、25歳を超えた頃、加治さんは『TGA(東京ガールズオーディション)』の存在を知ります。

年齢が25歳を超えていたことで受けられるオーディションが限られていた中、『TGA』のオーディションには年齢制限がなく、「運命の出会い」だと感じたそうです。

モヤモヤしていた日々の中、オーディションを見つけた加治さん。アーティストを志したきっかけはなんだったのでしょう?

歌手を志したきっかけは「日記」

加治さんは、「人生で生きた証を残したい」という思いで、毎日日記を書いていたそうです。ポエムっぽいものや、人生で悩んだことなど、「自分の思いを文字にしていた」といいます。

「それが今につながっている」

その日記を書き始めて10年ほどたち、それを活かせる仕事を探していたという加治さん。自分の想いを発信していきたいという想いから、アーティストという道を選んだそうです。

現在、自身のすべてのオリジナル楽曲の作詞を手掛ける彼女は、書き続けていた日記に関して、「それが今につながっている」といいます。

26歳の時にオーディションに合格

歌唱力、美貌、ファッションセンスを評価され、グランプリに

そして加治さんは2014年、『TGA(東京ガールズオーディション)』のアーティスト部門でグランプリを獲得します。抜群の歌唱力と美貌、ファッションなどの発信力などが大きく評価されました。

遅めの26歳という年齢で応募したこともあり、オーディションでは恐怖と不安との戦いだったという加治さん。

モヤモヤもした気持ちを抱えた日々から抜け出したいという一心で、見事グランプリを勝ち取りました。

2016年 avexからメジャーデビュー

ミニアルバム『ルール違反』でメジャーデビュー

そして加治さんは2016年、28歳でavexからメジャーデビューを果たします。「遅咲きの歌姫」として注目を集めました。

共感を呼ぶ歌詞が多くの女性に支持され、その抜群のスタイルとファッションセンスから、インスタグラムやファッション雑誌でも注目を集めています。

2017年 バラエティ番組にも進出

2017年8月、『アウト×デラックス』に出演。加治さんの「ぶっ飛んでる」恋愛観で、共演者の南海キャンディーズの山ちゃんと壮絶なバトルを繰り広げました。

2018年 ファッションショーに多数出演

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1809/29/news021.html

『GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER』に出演。hitomiさんの楽曲「CANDY GIRL」(1995)を披露します。そして、モデルとしてランウェイデビューも同時に果たします。

2019年 初の演技に挑戦

今年に入ってからは、演技にも挑戦している加治さん。ファッションメディア『MINE』の大人気ミニドラマ「22時の男と女」に出演し、大人の魅力あふれる演技を見せました。

アーティストとしてだけでなく、モデル・タレント・女優として活躍の場を広げている加治ひとみさん。今後、雑誌やテレビなどで彼女を見かける機会がさらに増えるかもしれませんね。

まとめ

「何歳になっても輝ける存在でいたい」

加治ひとみさん公式インスタグラムより

現在はアーティストとしてだけではなく、モデルやタレントとしても活躍する加治ひとみさん。年齢にとらわれず、「何歳になっても輝ける存在でいたい」といいます。

「奇跡のアラサー」と呼ばれる加治さんは、20代の頃はやりたいことが見つからず悩んでいたこともあったのですね。今後の彼女の活躍からも、目が離せません!

加治ひとみのプロフィール

名前:加治ひとみ

愛称:かぢ、かぢちゃん

生年月日:1987年8月26日

年齢:32歳(2020年5月現在)

出身地:東京都

身長:165cm

職業:歌手、モデル

事務所:avex trax


★【土日も営業】★【メール便】『フェイスティチュード(10枚)1day』◆カラコン カラーコンタクト カラーコンタクトレンズ ワンデー 1day ワンデイ 1日 1日装用 度あり 度なし 14.2mm 加治ひとみ◆