nuts専属モデルの”美人ギャル”・ぴとのメイク方法が知りたい!小顔メイクのポイントやつけまメイクについても

今年の3月に人気ギャル雑誌『egg』を卒業し、『egg』のお姉さん雑誌『nuts』の専属モデルとなったぴとさん。

ぴとさんは、綺麗で色っぽい”大人ギャル”として若い女性を中心に絶大な支持を受けています。

ぴと(甲村仁絵)のプロフィール

ぴとさん公式インスタグラムより

名前:甲村仁絵(こうむらひとえ)
愛称:ぴと
生年月日:1999年11月22日
年齢:20歳(2020年5月時点)
出身地:愛知県
身長:160cm
趣味:ジム、スノボー、南国旅行
特技:運動、水泳、書道

egg専属モデル時代から、eggのYoutubeチャンネルなどでメイク方法などについて紹介していたぴとさん。

今回は、そんなぴとさんのメイク方法について、ぴとさんの愛用コスメとともにご紹介していきます♪

まずは、ぴとさん流・小顔メイクの方法から。

ぴとさん流・小顔メイク

ぴとさん公式インスタグラムより

ぴとさん愛用シェーディング『MAC ミネラライズスキンフィニッシュナチュラル ミディアムダーク』

マック(MAC)ミネラライズ スキンフィニッシュ ナチュラル #ミディアムダーク(10g)

こちらはぴとさんがシェーディングとして愛用しているのがこちら。

ぴとさんいわく、シェーディングを入れるときのポイントがいくつかあるそうです。

シェーディングを濃く入れ過ぎない

シェーディングはまず輪郭に沿って塗り、あまり濃く入れすぎないのがポイントだそう。肌の色とシェーディングの色の差が出ない程度になじませます。

輪郭、頬骨の横、もみあげ、産毛のラインに入れる

また、頬骨の横は太めに乗せるのがポイントだそうです。もみあげにかけて少しずつ馴染ませていきます。

さらに、おでこを狭く見せるため、産毛に馴染ませるようにシェーディングを塗ります。これでかなり印象が変わるそう。

自分のイメージより1トーン明るい色を選ぶ

ぴとさんいわく、シェーディングを選ぶ時のポイントは、「自分の肌より1トーン明るい色」を選ぶことだそう。

1トーン明るい色のシェーディングを選ぶと、濃くなりすぎない上に、重ね付けして調節することができるのだそうです。

シェーディングを濃く描き過ぎてしまうとあからさまな感じがしてしまいますよね。

あくまで自然にシェーディングを入れるのがポイントだということがわかりました。

ぴとさん愛用ハイライト『MAC ミネラライズスキンフィニッシュ ライトスカペード』

MAC マック ミネラライズ スキン フィニッシュ #LIGHTSCAPADE 10g

ぴとさんがハイライトとして使っているアイテムがこちら。こちらのハイライトは、ぴとさんが高校生の時から使っているものだそうです。

コスパが良く、肌馴染みが良い

MACのハイライトということでお値段はやや高めですが、かなり長持ちするため、コスパもかなり良いそうです。

水色や薄ピンクなどの色が混ざっており、肌馴染みが良く、白浮きしないのもポイントだとか。

ハイライトで立体感をプラス

ハイライトを塗るゾーンは、Tゾーンと目の下、眉下、唇の上、あご。ハイライトを入れることで一気に顔に立体感が出るそうです。

シェーディングとハイライトを合わせて使用することで、小顔効果があるのに加え、一気に大人っぽい立体感のある顔立ちになれそうですね。

ここまでは、ぴとさんの小顔メイクの方法についてご紹介しました。

続いて、ギャルメイクの重要なポイントでもある、ぴとさんのアイメイク・つけまメイクについてご紹介していきます!

ぴとさん流・つけまメイク

ぴとさん公式インスタグラムより

ビューラーでまつげをあげる

まず初めに、上まつげ、下まつげの順番でビューラーでまつげをあげていきます。まつげを上げ終わったら、マスカラ下地を塗っていきます。

『メイベリンドリームラッシュ フィルムマスカラベース 00クリアホワイト』

メイベリン マスカラ下地 ドリームラッシュ フィルム マスカラベース 00 クリアホワイト お湯で落ちる

自まつ毛もボリュームアップ!

ぴとさんが愛用しているマスカラ下地がこちら。マスカラ下地を使うようになってから、自まつ毛でも盛れるくらい、まつげが変わることに気付いたそうです。

つけまをつける時でも、しっかりと自まつげにボリュームを作っておくことが重要なのですね。続いて、マスカラを塗っていきます。

『デジャヴュ ラッシュノックアウトエクストラボリューム07M』

イミュ デジャヴュ ラッシュノックアウトエクストラボリュームE 1ブラック(深みのある黒)

下まつげまでしっかりと塗る

ぴとさん愛用のマスカラがこちら。上まつげはいつも通りにマスカラを塗り、下まつげは意識して濃いめにするのがポイントだそうです。

下まつげをしっかり塗ることで、さらに目元の印象がぱっちりとした印象に変わります。マスカラを乾かしてから、つけまをつけていきます。

『ダイヤモンドラッシュヒロインeye』

単品販売ダイヤモンドラッシュ ヒロインeye DL54597 上まつ毛用 5ペア[代引選択不可]

ぴとさんが愛用しているつけまつげは、『Diamond Lash(大イアモンドラッシュ) ヒロインeye』。

先っぽが細く曲がっているピンセットを使い、丁寧につけていくといいます。つけまのりは、『DUP fixer』を使用。接着力がいいと評判のものですね。

青いのりが透明になったら、つけまつげを真ん中、目頭、目尻の順番につけていきます。黒目の内側はまつげを上げて、黒目の外側は下げるのがポイントだそう。

『DUPアイライナー ブラウンブラック』

【送料無料】ディーアップ D.U.P シルキーリキッドアイライナー ウォ-タ-プル-フ ブラウンブラック 1個

続いて、アイラインです。普段はブラウンのアイライナーを使っているというぴとさんですが、つけまをつけるときは黒のアイライナーを使うそう。かなり目元がはっきりとした印象になりますよね。

つけまの上・粘膜を埋めていく

つけまの上に沿ってアイラインを描き、さらに、粘膜を埋めていきます。目頭側もしっかり塗るのがポイント。目尻は垂れ目めに描き、最後は少しはねさせるそうです。

『ADDICTIONアイスウォール48』

アディクション ADDICTION ザ アイシャドウ 【#48_Ice Wall】

目頭・涙袋にオーバーめに入れる

そして、続いて目頭と涙袋のメイク。『ADDICTION アイスウォール48』の一番白いカラーを目頭部分をオーバーめにくの字に入れていきます。

さらに、涙袋もオーバーめに入れていきます。続いて、やや色がついたラメ入りのカラーを使い、その上をなぞっていきます。

『MAC スモールアイシャドウソバ』

【ネコポス 送料無料】 マック スモールアイシャドウ 1.5g[M・A・C MAC アイシャドウ 目元]

涙袋の外側のラインを描く

涙袋のラインを書き終わったら、続いて使用するのが『MAC スモールアイシャドウソバ』。涙袋を書いたラインの外側に線を書いていきます。

この作業をすることで、涙袋がかなりはっきりして見えますよね。そして、仕上げにリップメイクをします。

『MAC ベルベットテディ』

≪ポイント5倍★28日1:59まで 要エントリー≫【1点までメール便選択可】 MAC・リップスティック マット #ベルベット テディ (口紅)

大人っぽいベージュ系カラー

仕上げに使うのが、こちらのリップ。ぴとさん愛用の『MAC ベルベットテディ』。ベージュ系のカラーです。

かなり大人っぽい印象のカラーを使うことで、大人っぽく、綺麗めなメイクが完成します。

まとめ

ぴとさん公式インスタグラムより

今回は、nuts専属モデルのぴとさんの小顔メイク方法やつけまメイク、さらに愛用コスメなどについてご紹介しました。

シェーディングとハイライトで顔を立体的に見せ、つけまメイクでしっかりと盛る。仕上げのリップもかなり大人っぽいカラーで、美人度がさらにアップしそうです。

常にメイクを研究し、進化させ続けていると言うぴとさん。

今よりさらに盛りたい!という方は、そんなぴとさんのメイク方法や愛用コスメを、ぜひ参考にしてみてくださいね♪