いじめ?不登校?反抗期?伊藤桃々(もも)の学生時代の知られざるエピソードとは!当時の心境についても語る

記事下

人気ギャル雑誌『egg(エッグ)』の専属モデルとして活躍し、インスタやYoutubeでも人気を集める伊藤桃々(もも)さん。

今回は、そんな伊藤桃々さんの学生時代のエピソードをまとめました。

伊藤桃々さんの学生時代のエピソード

伊藤桃々(もも)さん公式インスタグラムより

“モテモテ”な転校生

中学2年生の時に、大阪から静岡に引っ越しをしたという桃々さん。転校するや否や、「かわいい子が転校してきた」と話題になったそう。

他のクラスの男子や上級生の男子が、桃々さんがいる教室を覗きに来ることもあったそうです。

当時はまだモデル活動などはしていなかった桃々さんですが、当時から人を惹きつけるオーラがあったのでしょうね。

女子たちに僻まれる?

しかし、「かわいい転校生」として注目されたことがきっかけで、同級生の女の子たちからは僻まれてしまったそう。

男子と話しているだけで「ぶりっ子している」と言われたり、LINEのタイムラインに悪口を書かれたり。

ただでさえ転校したばかりで不安な中、陰口を言われるだなんて、さぞかし辛かったことでしょうね。

「言いたいことがあるならはっきり言えよ」

そんな日々にストレスが溜まっていたという桃々さんは、ある時、悪口を言っている女の子に直接話をしたそう。

「言いたいことがあるならはっきり言えよ」と強く言ったことで、その噂は学校中に広まったといいます。すごい勇気ですよね…!

悪口を言ってきた女の子に対し、ハッキリと言い返した桃々さん。

それがきっかけで「桃々ちゃんと関わらない方がいい」「怖い」などと言われたものの、悪口を言われることはなくなったそうです。

「本当は怖かったから」

当時を振り返り、無理に強がっていきがって、自分を強く見せようとしていたと語る桃々さん。

舐められたくない、相手を怖がらせてでも悪口を言わせないようにしよう、と思っていたそうです。

しかし、そんな当時の自分の行動について「本当は怖かったから」だとも語ります。

自分の弱さを知っているからこそ、それを人に知られたくない、という思いが強かったのかもしれません。

学校を休みがちに?

伊藤桃々(もも)さん公式インスタグラムより

中2以降は、学校を休みがちになっていたという桃々さん。遅刻するのがかっこいいと思っていて、「昼からイキって登校してた」といいます。

中学3年生からは、「教室にいると心が痛い」という理由から、保健室登校をするようになったそう。

遊べる友達もいなくて、学校にも行きたくなくて、学校の隣の座れるスペースでゲームをしていたこともあったといいます。

当時の桃々さんは、学校にいてもなんとなく居場所がない、というモヤモヤ感を抱いていたのかもしれませんね。

両親との喧嘩

当時は家ではほとんど会話をせず、ご両親と衝突することも多かったという桃々さん。

親が寝るのを待って夜中に友達と遊びに行ったり、それがバレて怒られたりもしていたそう。

他にも色々な理由で親子喧嘩をしていて、暴力を振るってしまうようなこともあったといいます。

やんちゃな友達と遊ぶように?

伊藤桃々(もも)さん公式インスタグラムより

「なかなか学校に馴染めなかった」と語る桃々さんは、学生時代はやんちゃな友達とつるむこともあったとか。

バイクに乗っている男の子と付き合ったり、友達とコンビニに溜まっていたりしたこともあるそうです。

「唯一の居場所だった」

わざわざ夜中に遊びに行ったりしたいわけではなかったけれど、学校に馴染めなかった当時の桃々さんにとっては「唯一の居場所だった」そう。

学校で舐められたくないという気持ちを強く抱いていた桃々さんにとって、「悪い仲間と遊んでいる」という地位も必要だったといいます。

ちょっと怖い子というイメージを保っていれば、学校で悪口を言われることもないと考えていたそうです。

「自分をコントロールできなかった」

当時について、「自分をコントロールできなかった」と語る桃々さん。

多感な時期で、自分の感情もうまく整理できないし、学校にも馴染めない。

そんなモヤモヤした気持ちの中、一緒に過ごせる仲間が欲しかったのかもしれませんね。

「当時の自分は嫌いじゃない」

伊藤桃々(もも)さん公式インスタグラムより

桃々さんは当時を振り返り「本当にやばいと思う」と語りますが、その一方で、当時の自分はそれほど嫌いではないとも語ります。

小学校の頃は引っ込み思案で、他人の顔色ばかりを伺っていたという桃々さん。

反抗して強がっていた時代よりも、他人の顔色を伺ってばかりいた小学生時代の自分の方が嫌いだといいます。

無理にいい子を演じるよりも、自分の気持ちに正直に過ごしていた方が、自分を好きになれるということなのかもしれません。

当時やんちゃをしていた仲間たちは、「ちゃんとした大人になっていて、今でもいい友達」だそうです。

まとめ

伊藤桃々(もも)さん公式インスタグラムより

今回は、egg専属モデル・伊藤桃々(もも)さんの学生時代のエピソードをご紹介しました。

家や学校に馴染めなかったり、やんちゃな時代があったりと、学生時代に様々な葛藤を抱いていた桃々さん。

そんな時期を乗り越えているからこそ、多くの人を笑顔にしてくれる今の桃々さんがいるのかもしれません。

現在はモデル活動のみならず、コスメやアパレルブランドのプロデュースを手がけるなど、ますます活躍の場を広げている桃々さん。

そんな伊藤桃々さんの今後の活躍からも、目が離せません!

伊藤桃々(もも)のプロフィール

伊藤桃々(もも)さん公式インスタグラムより

名前:伊藤桃々(いとうもも)
愛称:もも
生年月日:2000年12月16日
年齢:21歳
身長:162cm
体重:49kg
血液型:A型
出身地:静岡県
出生地:大阪府
趣味:アニメ、メイク、Youtube鑑賞
特技:絵画、バスケ
職業:モデル・タレント
事務所:プラチナムプロダクション
活動期間:2017年〜
嫌いな食べ物:甲殻類

2017年、雑誌「egg(エッグ)」でモデルデビュー。翌年にはABEMAの人気番組「太陽とオオカミくんには騙されない」に出演。

現在はコスメブランド「More.. Mi by momo(モアミーバイモモ)」やアパレルブランド「Cheri mi(シェリミー)」を手がけるなど、ますます活躍の場を広げている。

関連コンテンツ