“バニラな女”になるべし?アーティスト・倖田來未が語る、男心を掴んで離さない女性像とは

記事下

昨年デビュー20周年を迎え、現在も多くのファンを魅了し続ける、アーティストの倖田來未さん。

数々な恋愛ソングを発信してきた倖田來未さんが語る、男心を掴んで離さない女性像とは?

今回は、倖田來未さんが語る「バニラな女」についてまとめました。

男心を掴む”バニラな女”とは?

倖田來未さん公式インスタグラムより

恋愛をする上で倖田來未さんが大事にしているというのが、好きな人にとっての「バニラな女」になること。

バニラといえば、アイスクリームの中でも一番ベーシックな味ですよね。

チョコレートやストロベリー、抹茶など、色々な味に冒険しても、結局バニラがいい!という方は多いのではないでしょうか。

倖田來未さんは、それは「恋愛においても同じ」だと語ります。

世の中に女性はたくさんいるけれど、やっぱりこの子がいい!と思わせるような、”バニラな女”を目指してきたといいます。

好きな人にとってのオンリーワンである「バニラな女」になりたい!と思う女性は多いはず。

ここで、倖田來未さんが語る「バニラな女」になる方法をいくつかご紹介します。

相手の好みを知ること

「バニラな女」になるための第一歩は、とにかく相手の好みを知ること。

もともと占いなども大好きだという倖田來未さんは、まずは相手のことを調べ尽くすと言います。

自分の”好き”をぶつける前に、まずは相手の”好き”を見つけていく。

誕生日に血液型、生い立ちや趣味、好きな食べ物や好きなタイプまで、とことん彼に関する情報を聞き出すそうです。

相手がどんなことをしたら喜んでくれて、どんなことをしたら嫌がるのか。そういったこともしっかりと分析していくといいます。

2人の”共通言語”を増やす

2人の会話が弾むような”共通言語”を増やすことも、「バニラな女」になるために重要なポイントの1つだと語る倖田來未さん。

相手のことを徹底的に調べ尽くしたあとは、付き合いたての頃にはなかった2人の”共通言語”がどんどん増えていきますよね。

相手の趣味の話をサラッと振ってみたり、相手が喜ぶリアクションをすることもできるようになったり。

男性からしても、そこまで自分に関心を持ってくれて、理解してくれて、楽しい会話ができる。そんな女性といることに心地良さを感じるでしょう。

かゆいところに手が届く対応を!

恋人が喜ぶようなさりげない気遣いができるということも、「バニラな女」になるために必要な条件。

相手のことをとことん調べ尽くし、相手の気持ちに寄り添うことができるようになれば、自然と相手が何を求めているのかわかるようになってきます。

彼が好きな缶コーヒーの種類など、細かい好みも熟知し、さっと彼に差し出せるようになれればかなりのもの。

彼が「欲しいな」と思った時に冷蔵庫に置いてある!なんていうことになれば、彼もグッときてしまうことでしょう。

相手への思いやりの気持ちを持ち、気遣いができることこそ、倖田來未さんが語る「バニラな女」の大切な要素の1つなのですね。

彼色に染まること

倖田來未さんが語る「バニラな女」に欠かせない要素の1つは、彼色に染まること。

彼の好きなファッションや髪型など、彼が「好き」だというタイプにとことん染まっていくといいます。

価値観や考え方などの面でも、彼の影響を受けることが多いと語る倖田來未さん。

彼色に染まるのは嫌!と語る女性もいますが、倖田來未さんはそれも楽しんでできるといいます。

なぜなら、彼の好みに染まってみることで、新しい自分を発見できることもあるからだそう。彼にもいいね、と言ってもらえたら一石二鳥ですよね!

まとめ

今回は、倖田來未さんが語る、男心を掴んで離さない「バニラな女」になる方法についてご紹介しました。

相手への思いやりの気持ちを持ち、相手にとって居心地の良い空間を作り上げること。

それこそが、倖田來未さんが語る「バニラな女」なのかもしれません。

大好きな彼の心をグッと掴んで離さない「バニラな女」になれるよう、日々女を磨いていきたいものですね。

倖田來未のプロフィール

倖田來未さん公式インスタグラムより

名前:倖田來未(こうだくみ)
愛称:くぅちゃん
生年月日:1982年11月13日
出身地:京都府
年齢:38歳
身長:154cm
活動期間:2000年-
職業:歌手
事務所:エイベックス・マネジメント

2000年にシングル『TAKE BACK』でエイベックスからデビューし、2006年に『Butterfly』で日本レコード大賞を受賞。

圧倒的なライブパフォーマンスと愛らしいキャラクターで、現在も多くのファンを魅了し続けている。

関連コンテンツ