全米デビューしてたって本当?倖田來未の知られざるアメリカ進出エピソードや海外での評価、今後の海外進出の可能性について

記事下

昨年12月にデビュー20周年を迎えた、アーティストの倖田來未さん。

日本のトップアーティストの1人である倖田來未さんですが、実は日本デビューの前に、全米デビューを果たしていたんです!

今回は、そんな倖田來未さんの知られざるアメリカ進出エピソードや、海外での評価、今後の海外進出の可能性についてまとめました。

倖田來未さんの全米デビューエピソード

倖田來未さん公式インスタグラムより

アメリカで先行デビュー

日本では、2000年12日6日に、1stシングル「TAKE BACK」でエイベックスからデビューした倖田來未さん。

しかし、実は2000年の11月、倖田來未さんは日本デビューに先駆けて、アメリカでデビューを果たしていたんです。

https://www.amazon.co.jpより

デビュー当時の倖田來未さんのジャケット写真がこちら。今とは雰囲気が違う!と思う方も多いのではないでしょうか。

髪も黒髪で初々しさもありながら、海外アーティストのような、スタイリッシュでクールな雰囲気がありますね。

全米ビルボードチャートにランクイン

倖田來未さんのデビュー曲「TAKE BACK」は、日本ではオリコンチャートでは最高59位と、大きなヒットとはなりませんでした。

しかし、「KODA」名義でアメリカに向けてリリースした「TAKE BACK」は、アメリカのチャートで好成績を記録。

全米ビルボードのダンスポップセールスチャートでは、初登場20位、最高18位にランクインしました。

デビューしたてにも関わらず、全米チャートにランクインしてしまうだなんてすごいですよね!

サウンドのかっこよさに加え、倖田來未さんの歌唱力に心惹かれる方が多かったのかもしれません。

当時の倖田來未さんの心境は?

しかし倖田來未さんは、当時はまだ18歳の高校生。「ビルボードって何?」という感覚だったそうです。

英語も喋れず、洋楽もほとんど聴いていなかったため、それより日本のオリコンチャートに入りたい!という気持ちが強かったとか。

なんとも可愛らしいエピソードという感じもしますが、当時からその実力に注目が集まっていたことが伺えます。

2ndシングルもアメリカで好成績!

翌年には、2ndシングル『Trust Your Love』をリリースした倖田來未さん。

こちらのシングルのリミックス盤が、全米ビルボード総合チャートにランクインを果たしました。

「Hot 100 SINGLES SALES」というチャートで、最高位19位に。日本人7人目のランクインという快挙を成し遂げました。すごい…!

リリースのきっかけは?

アメリカでのリリースのきっかけは、日本用のプロモーション曲を、アメリカで有名なDJの方にリミックスしてもらったこと。

その仕上がりがとてもかっこよかったため、「売ってみようか」ということになったといいます。

さらっとリリースが決まっちゃった、という感じがさりげなくてまたかっこいいですよね!

『Trust Your Love』は切ない歌詞が印象的な楽曲ですが、当時まだ10代とは思えないほど倖田來未さんの歌声が大人っぽくて聴き入ってしまいました。

かっこいいダンスミュージックのアレンジが加わると、バラードとはまた違った味があってめちゃくちゃかっこいいです。

海外でのライブ活動について

倖田來未さん公式インスタグラムより

初ライブはマイアミ!

倖田來未さんの海外での初ライブは、「ウィンター・ミュージック・カンファレンス」への出演。

フロリダ州マイアミビーチで行われる、エレクトロニックダンスミュージックのプラットフォームとしても知られるイベントです。

新人でありながら、世界的に有名なダンスミュージックのショーケースに招待された倖田來未さん。

ダフト・パンクやファットボーイ・スリム等、豪華なアーティストとの共演を果たしました。

大イベントへの出演にあたり、緊張から、マイアミに到着するや否や高熱を出してしまったそう。

そんなデリケートな一面も持つ倖田來未さんですが、ステージ上では持ち前のタフな明るさで乗り切ったそうです。

NYでピンチをチャンスに?

また、海外で高い評価を受けていた倖田來未さんは、BoAさんらとともにNYで行われた「New York Tokyo Music Festival 2002」にも出演。

当日はなんと、手配していたダンサーさんがドタキャンするというハプニングがあったそう。

しかし、当時のマネージャーさんが急遽ダンサーを手配したところ、なんとクリスティーナ・アギレラの振付師の方が出演してくれたそうです。

海外ライブをこなす度胸に加え、ピンチさえもチャンスに変えてしまう強運の持ち主である、倖田來未さん。さすがスター!という感じがしますよね。

そのほかにも、日本でリリースされる楽曲においてファーギーやショーン・ポールなど実力のある海外アーティストとコラボを果たしている倖田來未さん。

今後、アメリカで音楽活動を行っていく可能性はあるのでしょうか?

今後のアメリカ進出の可能性は?

倖田來未さん公式インスタグラムより

倖田來未さんは昨年11月、バイリンガルVTuber・アイムソラさんがMCを務める全世界向け音楽番組「Sora’s Senpai Club」に出演。

番組内にて、「ワールドツアーをしてほしい」というオファーや、海外ファンの声も多いと語っていました。

また、倖田來未さんの2015年にリリースされた「SOMETIMES DREAMS COME TRUE」という曲には、「世界中のステージで歌いたい」という歌詞が入っていたり。

圧倒的なパフォーマンスとかっこいいサウンドで、海外からも注目を集める倖田來未さん。

そんな倖田來未さんの歌を世界中で聴ける日が来るかもしれませんね!今後の倖田來未さんの活躍からも、目が離せません!

倖田來未のプロフィール

倖田來未さん公式インスタグラムより

名前:倖田來未(こうだくみ)
愛称:くぅちゃん
生年月日:1982年11月13日
出身地:京都府
年齢:38歳
身長:154cm
活動期間:2000年-
職業:歌手
事務所:エイベックス・マネジメント

2000年にシングル『TAKE BACK』でエイベックスからデビューし、2006年に『Butterfly』で日本レコード大賞を受賞。

圧倒的なライブパフォーマンスと愛らしいキャラクターで、現在も多くのファンを魅了し続けている。

関連コンテンツ