小澤美里のメイク技術がすごい!愛用コスメとメイクのポイントを徹底紹介!

記事下

抜群の美貌で、インスタやYoutubeで大人気の、おざみこと小澤美里さん。

お顔立ちが美しいだけでなく、メイクもとにかく上手だと話題なんです。

今回は、そんな彼女の愛用コスメや、驚きのメイク方法を徹底紹介します!

小澤美里(おざみ)の愛用コスメ、メイク方法まとめ

小澤美里さん公式インスタグラムより

『HAKU 美白乳液』

小澤美里さんがメイク前に使用しているのが、『HAKU』の美白乳液。

日焼け止めやファンデを塗っても分離しないそうで、ヨレにくいのが嬉しいですね。

保湿力の高いとろみタイプで、かれこれ5年くらい愛用している”神乳液”だそう。

『AOHAL リペルUVトーンアップクリーム』

小澤美里さん愛用の日焼け止め化粧下地は、『AOHAL(アオハル)』の「リペルUVトーンアップクリーム」。

美容皮膚の研究から生まれた日焼け止めで、紫外線や外気もバリアしてくれる優れもの。

少量でも伸びがよく、しっかりトーンアップしてくれます。

『SWEETS-SWEETS ポアレススキンスムーサー』

小澤美里さんの愛用化粧下地は、『SWEETS-SWEETS』の「ポアレススキンスムーサー」。

薄く伸ばすだけで毛穴や肌の表面が整うため、毛穴や肌の凹凸が気になる方にもおすすめだそう。

鼻周りや口の周り、あご、眉毛の上などにのせていきます。

スティックタイプの下地で、塗りたいところに重点的に当てやすいのも嬉しいですね。

おざみポイント◎日焼け止めの後に下地を塗る

小澤美里さん公式Youtubeチャンネルより

おざみ(小澤美里)さんは普段、日焼け止めを塗ったあとに下地を塗るようにしているそう。

下地をしてから日焼け止めを塗るよりも、より気になるところをカバーしやすくなるそうです。

『NARS ラディアント クリーミー コンシーラー』

小澤美里さんの愛用コンシーラーがこちら。

気になる目の下のクマや赤みのあるところ、小鼻、口の横など、色ムラが気になるところにのせていきます。

コンシーラーを伸ばすときは、ポンポン指で馴染ませるのがポイントだそうです。

指に余ったコンシーラーは、目の横の赤みや目の上のくすみに。

眉毛の上の色を整えるため、眉毛の上にものせていきます。

おざみポイント◎コンシーラーはしっかりと!

気になるポイントにちょこっとのせるだけでなく、全体的にしっかりとコンシーラーをのせている印象のあるおざみ(小澤美里)さん。

「どうせファンデーション塗るし」とならず、しっかりコンシーラーをのせるとファンデを塗る際もムラになりにくいそうです。

『JUN’G SAEM MOOL エッセンシャル スキンヌーダークッション』

小澤美里さんの愛用ファンデーションは『JUN’G SAEM MOOL』の「エッセンシャル スキンヌーダークッション」。

クッションファンデはこれでもかというくらい、高速でポンポンと叩き込むそうです。

付属のパフがとてもきめ細かいため、お肌に綺麗にファンデをのせることができるそう。

段差をなくすイメージで、小鼻の溝もしっかりと。髪の生え際の中にもファンデを押し込んでいきます。

おざみポイント◎涙袋の下の部分には塗らない

コンシーラーやファンデーションを塗るときは、涙袋の下にしわの部分には塗らないのがポイント。

そうすることで、時間がたって白浮きするのを防ぐことができるそうです。

『Visee アイブロウ&ノーズパウダー』

続いて、顔の立体感を出すため、ノーズシャドウを塗っていきます。

おざみ(小澤美里)さんは、ノーズシャドウを塗る際は、この太さのブラシを使用しているそうです。

濃い色と中くらいの色を混ぜ、眉下のくぼみから目頭の並行な位置まで、Cを描くように乗せていきます。

鼻先は薄い筆を使って、鼻先がシュッととんがるように、V字を意識して入れていきます。

よりナチュラルに見えるよう、薄い色を使って鼻骨の横にもグラデーションを。

さらに鼻の下にものせることで、唇と鼻の間の部分が短く見えるそうです。

おざみポイント◎眉頭と鼻先のみシェーディング

普段は、「眉頭と鼻先にしかシェーディングしない」というおざみ(小澤美里)さん。

眉頭からまっすぐシェーディングすると鼻が長く見えてしまうためだそうです。

人中は短く、鼻も長く見せない工夫をすることで、よりかわいらしい印象に仕上げることができますね。

『CLIO PRISM AIR ハイライター』

小澤美里さんが愛用しているのは、『CLIO(クリオ)』の「プリズム エア ハイライター」。

粒子が細かいハイライトで、大人っぽい艶感を出してくれるそう。

お顔に立体感を出すため、鼻先、鼻筋、目頭の部分、唇の上と下にのせていきます。

おざみポイント◎力を入れずに優しくのせる

ハイライトをする際は、優しくのせるのがポイントだと語るおざみ(小澤美里)さん。

力を入れてのせすぎると、その部分のファンデが剥げてしまうためだそうです。

また、鼻筋にハイライトを入れる際は、太くなりすぎないようにすると、悪目立ちしないのでおすすめだそう。

『rom&nd ベターザンパレット #02』

おざみさんの愛用アイシャドウがこちら。カラーは2番の「MAHOGANY GARDEN(マホガニーガーデン)」です。

一番薄い左下の色をアイホール全体に。薄い色でもしっかり色を出してくれるアイシャドウだそうです。

アイホールは目尻と眉尻を結んだラインまで塗り、不自然にならないよう、手で軽くぼかします。

続いて、その隣の色を使用し、二重幅に。タレ目を意識して、垂らすイメージでのせます。

おざみポイント◎ブラシのあとで手でぼかす

アイシャドウを塗る際は、ブラシで乗せたあとで手でぼかすというおざみ(小澤美里)さん。

「指の感覚がいちばん調整が効く」そうで、より自然な仕上がりになるそうです。

おざみポイント◎目尻ラインはリップブラシで

続いて、一番濃いブラウンを、目尻から黒目の外側まで薄く塗っていきます。

この時は、リップブラシを使うのがポイント。ちょこんと色をのせるだけで、だいぶ印象が変わるといいます。

おざみポイント◎ラメの量を手の甲で調節

最後に、右上のグリッターを指の腹を使ってまぶたにのせていきます。

そのまままぶたにのせると大変なことになるので、一旦指に取って、手の甲で量を調節してからのせるのがポイントだそう。

少しずつトントンとアイホール全体にのせていくイメージだそうです。

おざみポイント◎涙袋はタレ目ぎみに

続いて先ほどアイホール全体にのせた左下の一番薄い色を使い、涙袋を描いていきます。

涙袋は、目尻から黒目の真ん中くらいまでのせるそう。目尻側はタレ目ぎみにするのがポイント。

先ほど手の甲に乗せたグリッターを、涙袋と唇の上に散りばめて仕上げます。

部位ごとにメイクブラシや手の指などを細かく使い分け、アイメイクを仕上げているんですね。

『K-Pallete リアルラスティング アイライナー』

小澤美里さんの愛用アイライナーがこちら。粘膜と、まつ毛の間を埋めていきます。

この作業には結構時間をかけるというおざみさん。

油分と水分が多い場所なため、皮膚の部分より綺麗に色が乗りづらいためだそう。

目頭の中の粘膜の方まで、しっかりと塗りつぶしていきます。

『Love Liner リキッドアイライナー』

created by Rinker
LoveLiner ラブ・ライナー
¥1,980 (2023/02/09 03:56:40時点 Amazon調べ-詳細)

続いて、ラブライナーのアイライナーを使い、まぶたの上のアイラインを引いていきます。

目頭の方から目の形に沿って引き、黒目の上の部分は少し太くするのがポイント。

目尻もそれに合わせて少しずつ調節しながら太めに描いていきます。

おざみポイント◎アイラインの終わりの位置に点を描く

目尻のラインを描くのが一番難しいと語るおざみ(小澤美里)さん。

アイラインの終わりの位置に目標となる点を描くことで、ラインが毎回バラバラになるのを防いでいるそう。

とても画期的な方法ですよね…!

点を入れる位置は、目頭と真逆の位置。涙袋と同じくらいの長さにするのがポイントだそうです。

その点を目標に、少しずつずらしながら、集中してアイラインを描いていきます。

最後に、目尻のアイラインの上の部分に、少し濃いシャドウを塗って仕上げます。

『CEZANNE スーパースリムアイブロー』

続いてこちらの眉ペンシルを使い、平行眉の形を作っていきます。細いペンシルだと、型取りしやすいそう。

アイラインに合わせて眉毛の長さを決め、濃くしすぎないのがポイント。

顔をしかめて眉毛を動かしたりして、形を丁寧に確認していきます。

『ESPRIQUE リキッド&パウダー アイブロー』

続いて、こちらの眉ペンシルで眉毛の隙間を埋めていきます。ブラシもついているのがお気に入りポイントだそう。

眉毛は脱色をしているため、眉マスカラは使わないそうです。

『NARS チークブラッシュ』

小澤美里さんの愛用チークがコチラ。薄づきのものが好きだそうです。

先ほどの『CLIO』のハイライトを目の下から頬骨にかけて薄くのせてから、チークをのせます。

ハイライトとの相性も◎

ハイライトがゴールド系なので、チークもゴールドのパールが入っているものを使用しているそう。

パールの粒子が細かく程良い艶感を出してくれて、クリオのハイライトとの相性も良いそうです。

頬骨からこめかみの下の髪の毛の方まで、円を描くように描いていきます。

『REVLON キスクッションリップティント』

仕上げに、レブロンのリップティントを使用。とにかく優秀で、このカラーが大のお気に入りだそうです。

メイク完成がこちら。めちゃくちゃ綺麗すぎます…!

まとめ

今回は、小澤美里さんの毎日メイクの方法や、愛用コスメをご紹介しました。

驚きのこだわりポイントがたっぷりつまった、おざみ(小澤美里)さんのメイク。

ナチュラルな透明感があるのにとっても華やかで、お顔立ちの美しさがますます際立っていますよね。

おざみさんの愛用コスメを一式買って、メイクを一から真似してみたくなっちゃいました。

お顔のパーツの魅力を引き立てるおざみ(小澤美里)流・メイク。ぜひ参考にしてみてください♬

小澤美里のプロフィール

小澤美里さん公式インスタグラムより

名前:小澤美里(おざわみさと)

ニックネーム:おざみ、みーちゃん

生年月日:1990年11月7日

年齢:32歳

星座:さそり座

出身地:神奈川県横浜市

身長:152cm

体重:43kg

靴のサイズ:23.5cm

スリーサイズ:B79 W61 H79

血液型:O型

職業:モデル、インフルエンサー

SNSなどでも圧倒的な人気を誇り、インスタのフォロワー数は26万人を突破。

現在はYoutuberとしても活躍し、アパレルブランド『kicuri(キクリ)』のディレクターも務める。

こちらの記事もチェック☆

関連コンテンツ