令和の”ポスギャル”安斉かれんの歌手デビューのきっかけは?デビュー前の写真やアパレル店員時代のエピソードをご紹介!

記事下

2019年にエイベックスからデビューし、ABEMAのドラマ『M 愛すべき人がいて』のアユ役でも話題になった安斉かれんさん。

令和の”ポスギャル”としても知られる彼女は、次世代のファッションアイコンとしても注目を集めています。

今回は、そんな安斉かれんさんの歌手デビューのきっかけやデビュー前の写真、アパレル店員時代のエピソードなどをご紹介します。

歌手デビューのきっかけは?

安斉かれんさん公式インスタグラムより

中学時代のスカウト

当時は断っていた?

安斉かれんさんは、中学2年生の時にスカウトされたそう。しかし当時はまだ自信がなく、高校生になるまで断っていたといいます。

中学時代のスカウトによってデビューをしたというわけではないようですが、これが芸能界入りするきっかけの1つになったのでしょう。

15歳の時に歌を始める

中学時代は吹奏楽部に打ち込んでいたかれんさん。高校1年生の時に「喉も楽器の一つ」と思い、歌を習うことに決めます。

avexのボーカルスクールへ

aaa東京校公式インスタグラムより

そして、原宿にある「avex artist academy(エイベックス・アーティストアカデミー)」という音楽スクールに通い始めました。

「東京オーディション」に参加

安斉かれんさんは15歳の時に、「東京オーディション(仮) 東京MXテレビ 第22回」に参加。avexのレッスンを始めるくらいの頃でしょうか。

中学時代に打ち込んでいたアルトサックスを持ってアピールをしている様子がうかがえます。

『Resumedia』より

このオーディションが直接デビューには繋がらなかったようですが、さらに夢に向かって1歩踏み出した形となりました。

デモテープ制作を開始

Instagram:max_matsuuraより

こちらは安斉かれんさんのレッスン生時代の写真。この写真は17歳くらいの時のものだそうです。

初々しくて可愛いですよね!

レッスン漬けの日々

Instagram:max_matsuuraより

こちらは18歳の時の写真。

当時はプロデューサーの松浦勝人さんオリジナルのレッスンメニューをこなし、とにかくレッスン漬けの日々だったそう。

歌を始めると同時に作詞を始めたという安斉かれんさんは、当時からデモテープ作りも進めていたといいます。

約3年間のレッスンを経てデビュー

Instagram:max_matsuuraより

安斉かれんさんはデビューまで約3年間レッスンに通っていたそうですが、その中でいろいろなご縁があり、歌手デビューにつながったといいます。

もともと歌手デビューしたい気持ちは強くなかったそうですが、レッスンに通う中で歌でやっていこうと強く思ったそうです。

渋谷のアパレル店員時代

『RELECT』公式インスタグラムより

安斉かれんさんはデビュー前、渋谷にある『RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.』のアパレル店員として働いていました。

こちらはエイベックスが手がける期間限定ショップで、インポート古着や次世代ギャル向けファッションを多く扱うお店です。

『RELECT』公式インスタグラムより

安斉かれんさんは2019年3月半ばから5月半ばまでの約2ヶ月間、こちらのお店で働いていたようです。

当時の夢は「モデルと歌手」

『RELECT』公式インスタグラムより

avexのスクールに通い始めた高校1年生の頃は、『Popteen(ポップティーン)』モデルと歌手になることが目標だと語っていたかれんさん。

アパレル店員としてファッションに触れる環境に身を置きながら、デビューに向けて歌のレッスンに通っていたんですね。

『RELECT』公式インスタグラムより

かれんさんが働いていたお店は人気インフルエンサーの方が多く働いていたこともあり、日々刺激を受けられる環境だったことでしょう。

M・A・Cの広告モデルに抜擢!

安斉かれんさん公式インスタグラムより

そんな安斉かれんさんは、アパレル店員時代に人気コスメブランド「M・A・C」の広告ビジュアルモデルに抜擢されます。

安斉かれんさん公式インスタグラムより

大手コスメブランドから直々にオファーを受け、3ヶ月連続でモデルを務めたかれんさん。

当時から、ルックス面でも大きな注目を集めていたことがわかりますね。

デビュー直前〜デビューまで

ボイトレのためロスへ

Instagram:max_matsuuraより

そして安斉かれんさんはデビュー直前、ボイストレーニングのためにアメリカのロサンゼルスへ。

もともとはお父さんに連れて行ってもらったローリングストーンズのライブで、楽器に興味を持ったというかれんさん。

Instagram:max_matsuuraより

音楽の本場のアメリカでレッスンを受けることで、音楽スキルをさらに磨いていったのですね。

令和元日にデビュー

安斉かれんさん公式インスタグラムより

そして安斉かれんさんは2019年5月1日、令和元日に「世界のすべて敵に感じて孤独さえ愛していた」でデビューを果たします。

近未来的なMVが話題に

安斉かれんさん公式インスタグラムより

90年代J-POPを彷彿とさせるサウンドと近未来的なMVが話題となり、次世代アーティストとして注目を集めるようになりました。

その後、ABEMAのドラマ『M 愛すべき人がいて』のアユ役で一気に注目を集め、現在はバラエティ番組などにも数多く出演しています。

まとめ

今回は、安斉かれんさんの歌手デビューのきっかけやアパレル店員時代のエピソードなどについてご紹介しました。

次世代アーティストとしてだけではなく、ファッションアイコンとしても注目を集めている安斉かれんさん。

今後の彼女の活躍からも、目が離せません!

安斉かれんのプロフィール

安斉かれんさん公式インスタグラムより

名前:安斉かれん(あんざいかれん)

生年月日:1999年8月15日

年齢:23歳

血液型:B型

身長:157cm

出身地:神奈川県藤沢市

職業:歌手、女優、モデル

活動期間:2019年-

事務所:エイベックス・マネジメント

令和元年に「世界のすべて敵に感じて孤独さえ愛していた」 でavexからデビュー。ABEMAのドラマ『M 愛すべき人がいて』出演でも話題に。

“ポスギャル=ポストミレニアルギャル”としてインスタなどのSNSでも注目を集めている。

関連コンテンツ